ようこそ、和(やわらぎ)へ!

私たちは、一般社団法人として会社を設立しました。障害者福祉サービスの延長として知的障害のある方々に何らかの支援をしていきたいという思いで立ち上げています。

一つ目のミッションは、いわゆる市民後見人と後見制度の活用を広く情報としてお知らせしていくことと、被後見人の権利と擁護を守ることを活動の目的とします。

知的障害のある方の親亡き後問題が永く言われ続けていく中で、後見制度の活用がその心配や不安を軽減することの一つになっていくのではないかということで、後見制度活用の啓蒙啓発等々を見据えております。また、法人後見ができるように、職員の中に後見人相談士®を置き、受任に備えております。方法としては、被後見人一人に対し、4名ないし5名でのチームを考えており、その中には親御さん(その近くの方)にも加わっていただきます。親御さん等がその中心にいて、被後見人の人となりをチームに引き継いでいただきます。また、書面などの部分はチームメンバーが担当も致します。どうぞ、どのようなご相談でもお尋ねください。当時者の方とその親御さんを、またはご家族の方の幸せと権利のために私たちは行動を起こしました。    ご支援、ご協力、ご理解をお願い致します。

二つ目のミッションとして、和では、直接雇用をすることに致しました。

2018年春、ハローワークを通して障害のある方を2名雇用しています。    和では、雇用を保証する業務を2017年11月から開始致しました。環境・福祉・教育のコラボレーションをミッションとした業務です。これは、リリパックのページで詳細をご紹介していますのでご覧ください。今後も和では、新卒、既卒ともに知的障害のある方を中心として雇用を促進していきたいと思います。

この大きな二つのミッションを抱えて、私たち和は障害者福祉サービスと企業という二足の草鞋をはき、一歩一歩前に進んでいきたいと思います。

(2018年9月)